NOLIMIT

サッカー大好き浦和レッズサポrinaのBLOG。レッズと共に笑い、レッズと共に泣き、レッズと共に日々成長中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25 横浜~NEVER GIVE UP ON THE FUTURE~

試合の入り方は良かった。例え意識していなかったとしても、1つ1つ勝たなければいけない状況で、しかも相手がマリノスときたら、やはりモチベーションが上がらないわけがない。それは相手も同じで、立ちあがりは、激しく気持ちがぶつかり合う五分五分の展開。どちらのイレブンも気持ちを全面に出し、お互い譲らぬ拮抗した前半序盤だった。
しかし、15分くらいから、横浜が徐々に主導権を握るようになる。うちがいいカウンターを仕掛けても、最後まで行かなかったこと、クリアボールやセカンドボールを拾われたこと、そして、両サイドを完璧に相手に制されてしまった結果。それ以降、前半の浦和に見せ場はほとんどなし。横浜の方がシュート数も多く、決定機も多く作っていた。
攻撃時に、サイドの攻撃参加がないために、真ん中だけの浦和の攻撃は、横浜に囲まれ、読まれてしまい、結局シュートを打つに至ることができない。ポンテにはマークが厳しくついているし、相手のDFはラインを上手くコントロールし、オフサイドをとってくる。長谷部のドリブル突破はよく見られたが、やはり真ん中だけでは、あの横浜の守備を崩すには駒が少なかった。後半は、ポンテ・達也・永井だけの攻撃ではなく、長谷部と両サイドの攻撃参加が鍵かな、と思った前半。

そして、闘莉王が離脱したDFライン。ここは、堀之内が本当によく頑張ってくれて、常に高めにラインを保つことを意識した、ラインコントロールができていた思う。横浜のFWが裏を狙っても、オフサイドを取れいていたし。カバーリングもしっかり入っていた。彼のプレーを見ていると本当に頭のいい選手だなぁとつくづく思う。そして、この時のための堀之内の準備が、本当にしっかりとできていて、レッズはこういう選手に支えられているんだから、と改めて思わせるプレーをしてくれた。



後半。
後半開始前のあの、何か、この試合を暗示しているかのような、まさに、嵐の前の静けさというような、そんな雰囲気に包まれたスタジアム。威風堂々の声が木霊し、浦和レッズコールの手拍子は、まるで激しく打ちつける雨の音のように。けれど、それが騒がしいのではなく、静寂の中にいて空気が震えるような感覚。

そんな中開始した後半。右サイドにボールを出し、暢久が積極的に前へ上がる。そして徐々にチャンスも出来るのだが、ゴールが遠い。遠めからのミドルが目立ったが、枠に行かなければ相手の脅威にはならないだろう。雨が降っていたのだから、枠にいけば何か起こりうる可能性は十分だったのだし。
時間が経つにつれ、雨はどんどん強くなる。それと同時に、試合は激しさを増していく。
三都主と交代した平川は、タイミングを計っては何度も前に走り込んできたし、右サイドで試合が展開されている時も、画面下に姿が見え隠れしていた。監督からの指示もあってだとは思うが、良かったのではないかと私は思うのだが。

某バスケ漫画で、「リバウンドを制す者は・・・」なんて言葉があったような気がしたが、この試合まさに、「サイドを制す者が試合を制す」って言っても過言ではなかったんじゃないかと思う。実際、前半は横浜。後半、暢久が右サイドの主導権を掴み出し、平川が積極的に上がり、浦和へ。と、そういう流れだったように思う。
特に、それが顕著だったのが左サイド。三都主がいいように隼磨にやられっぱなしで、1回くらい流れでいい場面があったかな、という程度の出来。はっきり言って「何してたの?」って感じだった。あまりこういうことは言いたくないのだが、今日ばかりは「早く平川来い!!後半の頭からでもいいから!!」と、思ってしまうほどだった。最近のアレは絶対何かおかしい。代表との兼ね合いでの疲れは大きいだろうが、あそこまで隼磨にやられて、日本代表のプライドはないのか!?と、正直思った。

激しい攻防。横浜のセットプレーの嵐には、みんなが懸命に体を張り、都築が必死にゴールマウスを守り、耐えた。テレビの前で私は、必死に祈ることしかできなくて。それしかできないのが悔しいけど、それしかできないからひたすらに祈っていた。そして速攻。打ちつける雨にも負けず、相手を振り切って走る。後半途中からの私は、ほとんど半泣き状態で試合を見ていた。雨脚は強くなる一方。視界も足場も悪い中、その1点を這いつくばってでも取ってやる!ってくらいの気力で、選手たちがピッチに立っていることが伝わってきたから。
でも、結局最後まで歓喜に沸くことはなかった。


終了のホイッスルが鳴った時のあの静けさ。後半前のあれは、これを暗示していたのだろうか。


今日のプレー見ても、コメント読んでも、選手はまだ諦めていない。じゃあ、サポーターは?

少なくとも私は、可能性が0になるまで諦めない!!奇跡が起きたっていいじゃん。誰も先のことはわからないんだから。例えその可能性が0.1%しかなくても、その0.1%がある限り、私は絶対に諦めたりしない!!

NEVER GIVE UP ON THE FUTURE





それにしても、アレは本当にどうしてしまったのだろう。コメントを読んでも思ったが、やっぱりちょっとおかしくないか?今日の平川のプレー見て、何か思わなかったのだろうか。
例え自分が走ってボールがこなかったとしても、そこへ走ったことでコースが一つ増え、相手が引き付けられ、隙ができることだっていっぱいある。確かにボールが来ないのは面白くない。でも、例えボールが来なくても、何回も何回も走る、その積み重ねに意味があるんじゃないのかな、と私は思うのだけれど。しかも、満足に走らずそれを言ってたら、ただのわがままになってしまわないか?
それに、みんなアレの実力はわかっているのだから、アレが走れば使うことは多いんじゃないかと思う。それなら平川の方が、よっぽど走ってもボール来ないこと多いよ。でも、彼はそれでも走って、そしてボールが出れば、懸命に追いついて返してる。黙々とそうやってプレーしている姿は、見習うところだと思う。アレは、自分が孤立してると思っちゃってるみたいだけど、むしろ自分から離れてってない?
これはただ私が思ったことなので、本当は実際内部で何かあるのかもしれないけど、(ないと信じてるけど)でも、仲間信じて走ってナンボじゃないのかな。サッカーってチームスポーツだよね?なんか、あのコメント読んだらこっちが寂しくなったよ。。

坪井の怪我は、脳震盪に軽い頚椎捻挫だそうですね。闘莉王の離脱に加え、もし坪井までとなると正直シンドイけど、でも、ホリもうっちーもいるから絶対大丈夫!!
スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

コメント

アレの存在意義

アレをいまだにレッズの一員として見ることができない自分がいる。はっきり言ってアレがいて良かったと思えたのは、去年のチャンピオンシップ2戦目とこの前の鹿島戦のみ。元々、レッズを踏み台にして欧州移籍を考えてるような(本心はわからんけど)人には心底応援する気を持てない。
もっともっとアレがいて良かった!って思うような活躍をしてほしい。
一方、復帰したばかりのネネは素晴らしい出来でしたね。

  • 2005/09/26(月) 00:32:25 |
  • URL |
  • あつたろう #-
  • [ 編集 ]

この間は、コメントありがとうございました。
やっぱ理系は大変そうですよね㊦悩むなぁー。私は、すごい夢とかコロ②変わるほうなので、途中で嫌になったときが心配で…みんなには、「りいって理系っぽいよね」ってめっちゃいわれるんだけど、自分ではバリバリ文系だと信じて疑わなかったのになぁー。まぁ、もう少し考える時間があるので考えてみます。またよければ、アドバイスお願いします☆

横浜戦、前半の最初のほうしかみてなかったんですけど、まだ諦めちゃダメですよね!!首位決戦だって引き分けだったことだし、浦和にもまだ優勝の可能性は十分ある!!

  • 2005/09/26(月) 22:30:46 |
  • URL |
  • りい #reoM.4kQ
  • [ 編集 ]

☆返信☆

>あつたろうさん

私の住んでいる地域が地域なだけに、エスパ時代のアレをよく知っている人が多く、「あの頃のアレのほうが良かった」という言葉を聞くことがあるんです。それがすごく悔しくて、そして、悲しく思って。。
アレの実力は絶対こんなもんじゃないと思っていますし、本人がどういう気持ちだったかもわかりません。でも、私自身、サポーターのコールとかに嬉しそうに反応してくれるアレの姿を見て、もっともっと応援したいと思ったのもあって・・・。
とにかく、あつたろうさんのおっしゃるとおり、「アレがいて良かった」って思える活躍をしてほしいですよね。
ネネ、良かったですよね!怪我人が絶えないDF陣ですが、ネネの復帰とあのプレーは、本当に嬉しい材料です。

>りいさん

コメントありがとうございます。
あまり参考にならなかったかもしれませんが・・・すみません。汗
今、「この仕事がしたい!」ということを思っていても、この先どうなるかわからない不安はありますよね。。私自身も、そういう不安は文系を選んだ今でも、少なからずあるにはあるんです。でも、どうしても選択しなきゃいけない時はくるので、とにかく焦らず考えることがやっぱり1番だと思います。(あまり私も偉そうなことは言えませんが。汗)
まだ可能性はありますからね!!諦めたらそこまでなんで、絶対に諦めない気持ちが大事ですよね!!とにかくうちは1つ1つ勝っていきましょう。

  • 2005/09/27(火) 13:30:38 |
  • URL |
  • rina@管理人 #8Zcb/IVM
  • [ 編集 ]

すっごいおひさしぶりです!!

今まで試験でやっと終わりました~☆つかれたぁ…
マリノス戦は…がんばってたし後半とか気迫もあってょかったのに残念でしたね…でも私も絶対にあきらめませんよ!!
このごろ優勝争いできる幸せさをしみじみ感じているんです☆なんかおばさんくさいょ私…☆
私の学校ではもうすぐ体育祭と文化祭で忙しい毎日です♪

  • 2005/09/27(火) 21:03:56 |
  • URL |
  • m☆☆ #-
  • [ 編集 ]

>m☆☆さん

お久しぶりです♪♪試験お疲れ様でした☆実は私も今考査中なんですよね~笑。パソコンやってないで勉強しなさいって話ですよね。。(苦笑)
諦めないことが大事ですよね。その気持ち持つか持たないかでも、モチベーションとかも全然変わってくると思いますし。
体育祭と文化祭ダブルで来るんですか~。でもきっと、楽しい忙しさですよね!!頑張ってくださ~い!!

  • 2005/09/28(水) 13:05:06 |
  • URL |
  • rina@管理人 #8Zcb/IVM
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nolimit17.blog7.fc2.com/tb.php/122-43c55769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Jリーグ第25節vs横浜F・マリノス戦

2005年9月24日(土)15:04キックオフ・埼玉スタジアム浦和レッズ0-0横浜F・マリノス観客数:49,800人結果はスコアレスドロー。負けなかったと捉えるべきか勝てなかったと捉えるべき

  • 2005/09/26(月) 00:38:55 |
  • RED SPORTS ~浦和レッズサポの独り言~

拍手の理由

 またまた1週間あいてしまった。昨日の横浜戦について・・・。たぶんこの2チームの対戦は、去年あたりからJリーグの黄金カードになりつつあると思う。サポの熱さとかだと鹿島

  • 2005/09/26(月) 01:11:00 |
  • 人も歩けば棒に当たる!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。