NOLIMIT

サッカー大好き浦和レッズサポrinaのBLOG。レッズと共に笑い、レッズと共に泣き、レッズと共に日々成長中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27 柏~喜びと悲しみの狭間で~

(これは、すべての結果を知った後に、少し時間をおいて書いたものです。)


ナビスコカップでのあの気迫。結果は敗退でも、選手たちのあの気迫が見られたから、まだまだこれからだと、改めて確信できた。短いようで長い8戦のスタートだった。


長谷部は始めからとても積極的で、ミドルもたくさん打っていた。人生初の左サイドを務めた酒井も、初めてとは思えない動きだった。1点目は、長谷部からの素晴らしいパスに、永井の絶妙な飛び出しから、達也。そしてポンテが決める。綺麗な流れでのゴールだったと思う。

立ち上がりは両チームとも攻守の切り替えが早く、どちらに転んでもおかしくない流れだった。しかし今思えば、明神が早々に退場してしまったあたりから、だんだん雲行きは怪しくなっていたのかもしれない。すべてを知った後で見たからなおさらなのかもしれないが、明神が退場し、うちが先制した時点で、柏のプレーに危険が見え隠れしていたように、思えてならなかった。そういう状況でも、柏自体、そんなに大崩れしていたようには思えなかったのだが・・・。
何が、どうしてそうなってしまったのか。

皮肉にもビデオの中の実況では、「W杯をかけたFW対決」なんて謳っていた。今でも、この時に戻れたら・・・て、思ったのは事実。

刻一刻と時間が近づく。ボールを受けた達也と走ってくる土屋。どんどん近づく二人。そして、あの瞬間。目を背けてはダメだと、しっかり受け止めた、が。少し前までの笑顔から一変、頭を抱え、痛み悔しさから搾り出すように声を上げる達也の姿。そして、土屋の表情。すべて忘れられない。

やはりというか、わかってはいたのだが、その後はほとんどまともに見られなかった。けど、これだけ。赤星について。デビューおめでとう!試合的には、いい環境でのデビューだったし良かったと思う。それに加え、恐れずスライディングに行く姿や、積極的にシュートを打つ姿が見られ、大物になる予感を感じさせられた。期待してるよ!



実際、この試合は達也が後半に決めた点で決まったようなものだった。7-0というこれ以上ないってくらい喜んでいい勝利なのに、どうしてこんな悲しい試合になってしまったのか。
それを呼んだのは、もしかしたら・・・
スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nolimit17.blog7.fc2.com/tb.php/143-852a5579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。