NOLIMIT

サッカー大好き浦和レッズサポrinaのBLOG。レッズと共に笑い、レッズと共に泣き、レッズと共に日々成長中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Jリーグの経済学』

実は、私の夏休みの計画の中に「本を10冊読む」というものがありまして、(どうにも達成できそうにないのですが)今日、読み終わった本。

Jリーグの経済学/生方幸夫

Jリーグが誕生したのは・・・私が5歳の時かな?当時のことは全然知らないし、サッカーがその頃から好きだったわけでもないので、初めて知ることばかりであっという間に読んでしまいました。実際、半日潰せば十分に読めてしまえる量だと思います。

タイトルのとおり、メインはJリーグがもたらす経済効果とか、Jリーグの市場規模等々・・・なのですが、その辺の話は経済学なんてさっぱりわからない私では、恥ずかしながら具体的な数字を見てもピンとこないという・・・汗。(だって単位が億とかなんだもん。。)

Jリーグが誕生する前、実際にJにつながる委員会が作られたのは、88年3月。私が生まれた年ですよ!?本当はそれよりもっと前から、たくさんのサッカー好きがそれぞれの思いを持っていたし、実際、読売(ヴェルディ)には、Jリーグができる30年も前から、プロリーグをつくろうと考えていた人はいたんだとか。たくさんのサッカー好きの熱い情熱を、読んでてひしひしと感じました。そして、そんな人々によってJは作られた。

Jリーグの誕生に至るまでのことなんて全然知らなかったので、人々の想いとか、根底の部分を(少しでも)知ることができて、なんかいっそうサッカーが好きになりました。Jリーグもチームも、計り知れないハードワークをしいられできたものだってことも知りました。Jリーグがただたんに、日本にプロリーグを作るためだけにできたのではないということもわかったし、少し見方(というより、角度)が変わった感じがして、もっと愛せそうな気も。

ただ、この本古いんで(なんせ94年!)、数字とかも今は全然違うと思うんですよね。しかも、問題が解決されずそのまま話が終わってるものもあったりして・・・。結局、ヴェルディの名称やホームタウンの問題はどう展開してこうなったんだろう、とか。エコパ建設も、なぜ袋井になったのか、とか。日本でW杯開かれる10年弱も前の話ではあるものの、いちお清水有利だったらしいし。(県民のくせに全然知らないという恥。汗)
また何か本探して読みたいな、とは思ってますが。

とにかく、古いけどサッカー好きならすぐに読めちゃいます。もし良かったら読んでみてください。

あと、何か面白い本があったら、是非教えてください!!



スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント

こんにちは ご無沙汰です。日本平で勝たせてくれたんで、こっちもサイスタがんばって来ました。ところで丁度、自分もブログで本についての独り言を始めたので、よかったら見てください。参考になるかは分かりませんが・・・。「PAY DAY」って本の方がお薦めです。rinaさんと同年代の主人公の話なんで・・・。

>散歩人さん

こんにちは。やりましたね!準決勝進出!!本当にお疲れ様でした。
本まで紹介していただいて・・・私、本好きなんですごく嬉しいです。ありがとうございます!是非参考にさせていただきます。「PAY DAY」ですか~。今度探して読んでみたいと思います!

  • 2005/08/19(金) 19:47:40 |
  • URL |
  • rina@管理人 #8Zcb/IVM
  • [ 編集 ]

スイーツ・洋菓子

スイーツ・洋菓子を探すなら http://www.mnpainctr.com/100227/100283/

  • 2008/09/25(木) 18:47:35 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nolimit17.blog7.fc2.com/tb.php/93-14a71c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新企画!!

明日も書こうって書いたのが月曜日で、なんの更新もないまま今日は木曜日・・・。昨日は出張だったからいいとしても、おとといは忘れてました。 で、今日から新企画で本の話。結構、読書家なんですよ、通勤時間とか出張のときの寂しい夜とか、本が僕の友達です。読んだ本を

  • 2005/08/19(金) 00:24:45 |
  • 人も歩けば棒に当たる!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。